2019年9月15日日曜日

~おすべらかし~「髪は女の命」其の弐

「髪は女の命」其の弐~おすべらかし~です。
現在の宮中行事や婚礼の正装時に結われる「おすべらかし」は大垂髪・垂髪とも表記され、江戸時代に登場します。京都の庶民の間で流行していた「灯籠鬢(とうろうびん)」という結い方を取り入れたといわれています。「つとうら」という型紙を髪の中に入れて左右に大きく張り出した、お雛様でおなじみの髪形です。前髪の丸かもじに、釵子という金具や櫛を付けたとても華やかな「お大」、櫛などの飾りは付けない「お中」また童女の髪形の「わらわ」など、いくつかの種類があります。「お大」は五衣・唐衣・裳のいわゆる十二単の正装時に用いる髪形です。神事では心葉(こころば)という造花を付け、日陰の糸(ひかげのいと)という白い紐を垂らします。
おすべらかし「お大」
また明治になると、より簡単に結える垂髻(ときさげ)が考案され、高等の女性官吏や官吏の妻が宮中に参内する時の礼装である袿袴姿の髪形とされました。これは現在、女性神職の規定の髪形となっています。
10月22日には即位礼がございます。皆様もテレビなどで目にする機会があると思いますので、是非装束とともに髪形にも注目してみてくださいね。

2019年9月1日日曜日

~垂髪~「髪は女の命」其の壱

日本では「髪は女の命」といわれるように、かつて長い黒髪は女性にとっての美しさの条件のひとつでした。神社の巫女が髪を後ろで一つに束ね、長く垂らす垂髪(たれがみ・すいはつ)という髪型は、元々、平安時代の上流階級の女性の髪型に由来があります。
奈良時代、大陸に習い、男女ともに髪を結い上げることが行われましたが、女性には定着せず本来は束ねずに垂らしただけの垂髪、いわゆる平安貴族の女性の髪形として宮中に定着しました。やがて武士の時代になると、より活動的な装束に合わせ、髪も足元まで伸ばさず、一つに束ね、宮中行事の際にのみ“かもじ(付け毛)”を付けて長くするようになりました。江戸時代になると、いわゆるお雛様の髪形で知られる豪華な「おすべらかし」が登場します。
昔から日本では、「髪」は「神」に通じると考えられ、女性の髪には霊力が宿るといわれていました。現在では、長く伸ばした「垂髪」は、皇族の女性をはじめ女性神職や巫女へと受け継がれています。
私たちは、かつて神聖なものとされていた髪を美しく保ち、清らかな気持ちで日々奉仕をして参りたいと思います。

2019年8月15日木曜日

「鈴の緒」の”色”・“彩”

さて今回は、水天宮の「鈴の緒」の色についてお話しです。
皆様は、神社へお参りの際に鈴から下げられている長い紐や縄などをひきますね。この紐を当社では「鈴の緒」と云います。本殿正面には5つの鈴がございますが、安産信仰の由来となった生成りの晒の鈴の緒に、それぞれ5色の晒が下げられています。
右端の鈴にはピンクの鈴の緒
参拝者の方から、“桃色の紐なんて珍しい” “桃色は可愛いけどあまり他の神社やお寺では見たことがない…何か由来があるの??”と聞かれます。
神社やお寺で一般的に使われる五色(ごしき)と呼ばれる赤、黄、白、青、黒の色は、昔から縁起のいいものや魔除けとして神具や仏具、調度品などに用いられてきました。水天宮の鈴の紐には、赤、黄、緑(青)、紫(黒)、白(生成り色)が使われています。そして他では見られない“桃色の紐”は、安産や子授けのご信仰により、女性やお子様の参拝が多いことから、神社の厳格なイメージを和らげ、出来るだけ皆様に親しみやすく、穏やかな気持ちでお参り頂きたい想いから下げられるようになったと言われています。
この鈴の緒は、毎月5日のご縁日に取り換えられます。
水天宮ならではの珍しい桃色の「鈴の緒」をひき、願いをこめてお参り下さい。

2019年8月1日木曜日

清々しい朝のお祭り ~御日供祭~

漸く梅雨も明け、夏らしく本格的な暑さになってきましたね。
夏休みということもあり、特に遠方からお参りに来られる方も多くいらっしゃいます。
せっかくお参りにきたのに、時間がなくて昇殿参拝(ご祈祷)が受けられない方へ、当社では翌朝の御日供祭にてお名前を読み上げて祝詞を奏上する、預かりの御祈祷を承っております。御守は、受付時に祈願主様へお渡し致します。

ここでQ&A方式でお祭りのご説明!
Q、「御日供祭って何ですか?」
A、毎朝、お祭りでは、まず神様へのお食事(神饌)をお供えします。
お米、お酒、お塩、お水がどこの神社でもお供えされております。お供えをした後、神職は日々の神恩感謝し、国の安泰と幸福を祈ります。

Q、「お預かり祈祷で、特に多いご祈願は何ですか?」

A、やはり、子授け祈願、厄除け祈願のご依頼が多いです。
最近では、健康の御守である肌守を受けるのではなく、身体健全祈願を受けお名前を詠んでほしいという方が増えております。
※安産祈祷や初宮詣、七五三詣は、ほとんどの方がご昇殿でご祈祷をお受けになります。

夏の季節は、開門と同時にお参りにいらっしゃる方も多くいらっしゃいます。お賽銭箱越しに写真のように、御日供祭を行う神職を見かけることもあるかもしれません。
皆様も清々しい朝の神社にお参りしてみてはいかがでしょうか。

2019年7月15日月曜日

水天宮のこまいぬさん

7月半ばになりましたが、関東の梅雨明けはもう少し先になりそうですね。
さて、今回は神様をお守りする守護獣「狛犬」のご紹介です。
水天宮の狛犬は、大階段を上がったところにあり、ブリヂストン創業者の石橋正二郎氏により、昭和42年の社殿建て替えの際に奉納されたものです。大きくてとても迫力ある狛犬です。向かって右手は前足で玉を守り、左は子犬を守っていることから、子宝犬と同じようにそれぞれ家運隆盛・子孫繁栄の意味が込められていると言われます。
厳つい顔の狛犬ですが、その表情は、神社、地域によって様々ですので、是非お近くの神社とも比較しながら、足を運んでみてください。
 

2019年7月1日月曜日

神社に❤模様とは!?


昨日の大祓で半年間の罪穢れを祓い清め、いよいよ今日から亥年の後半が始まります。
皆様は、神社の社殿で(ハート)の形を目にしたことはありますか?水天宮でも、社殿の外側、内側ともに見ることができます。
これは「猪の目(いのめ)」と呼ばれる日本に古くから伝わる文様のひとつで、神社・仏閣・お城などの建築や、日本刀の装飾としても用いられています。
ハート型は西洋では心臓や愛のシンボルとして知られますが、日本ではなんと魔除けの印として使われています。イノシシの目の形を模して、猪突猛進の力強さにあやかるといわれますが、もともとは、屋根から下げる懸魚(げぎょ)がそのルーツにあるという説があります。大陸から伝わってきた建築様式で、元はその名の通り魚を模した懸魚を木造の建物に付けることで、水の力で火伏とする信仰があったようです。
下の写真は寳生辨財天社の屋根の写真です。これは兎毛通(うのけどおし)という種類の懸魚ですが、別名「猪の目懸魚」とも呼ばれます。イノシシの顔と頭を模しているといわれています。イノシシは木火土金水の五行の中で水に属し、火除けとして猪の目が建物のあちらこちらに配されるようになり、次第に魔除けの印としても普及したともいわれています。

さて、今月は七夕の季節です。七夕といえば織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)のお話が有名ですね。当社でも、境内に七夕飾りが綺麗に飾られ、願い事を書いた短冊を吊るすことができます。皆様に書いていただきました短冊は87日の「七夕まつり」に心願成就・除災招福としてご祈願致します。(ご祈祷料として200円お納めいただいております。)皆様ぜひ七夕短冊を書きにいらしてくださいね。
☆七夕の由来についてはこちら

2019年6月15日土曜日

花言葉 ~絵手紙によせて~

今回は、趣味で絵手紙を描いている巫女さんの作品を紹介いたします! 
写真:トックリキワタとアジサイの絵手紙
☆作者巫女Aさんからのコメント☆
私の一番好きな言葉である「信頼」。トックリキワタの花言葉です。
人から「信頼」されることは、私にとっての活力であり、自信につながります。
信じて、頼り、頼られることは、人が生きていくうえでとても大切なことだと思います。
そして、この水無月の時期に咲く花”ピンク色のアジサイの花言葉は「元気」。
水天宮では、男性はもちろんですが多くの女性が活躍しています。
21歳の私には、これからの人生において、学ぶべきことがたくさんあります。
何事にも思いやりと笑顔をモットーに「信頼」される女性!「元気」な女性!を目指して、これからも日々精進し、頑張りたいと思います。