2018年10月15日月曜日

巫女としてご奉仕して


水天宮で奉仕させていただく前は、巫女という仕事に、古い伝統文化の世界とは、何か非日常的で特殊なイメージをもっていました。
ご縁をいただき、巫女の助務(アルバイト)として実際に奉仕してみると、今まで気が付かなかっただけで、神社は身近なものであることを感じます。神道は、日本人の生活の中に溶け込んでいるので、普段はあまり意識しません。常に心も体も清浄に、神様を敬い、人を気遣い、自ら察して学び行動すること。言葉遣いをはじめ礼儀作法など厳しいこともありますが、日本人が長い歴史の中で培ってきた、人が生きていく上での大切なものを、あらためて学ぶことができたと実感しています。時に厳しく時に優しく、指導してくれる人がいるのは、成長できる証です。
私はこれから半年間イギリスへ留学します。水天宮で奉仕させていただけたことに感謝し、外国のことを学ぶのと同時に、日本のすばらしさを伝えられればと思います。(巫女N

新たな一歩を踏み出した笑顔が素敵なNさん。新人巫女さんの指導や引き継ぎも頑張って行ってくれました。職員一同心より応援しています。ありがとうございました。

2018年10月1日月曜日

天から差し込む光

はじめに、この度の地震や台風の自然災害により、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

さて皆様は「笙(しょう)」という楽器をご存知でしょうか。
雅楽の演奏などに用いる管楽器で、大陸から日本に伝来しました。平安時代には既に今の形となり、現在まで脈々と演奏されています。皆様のなかには、神前結婚式などで耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
※ 写真は、神職の傍ら笙の製作と演奏を行っている水島権禰宜(左)です。

2018年9月15日土曜日

御子守帯を新たなかたちへ ~帯プロジェクト~

本日、戌の日で多くのご妊婦様がお参りに来られ、当社の安産信仰の由来でもある安産御守「御子守帯」をお受けになりました。ご妊婦様は帯をお受けになっても、「帯祝いの際に帯は巻くのですが、その後は忙しくなかなか巻くことができなくて…。」との声も聞かれます。

当社では、お子様が無事に産まれた後の御子守帯を、「新たなかち」へと作り変える『帯プロジェクト』に取り組んでいます。近頃は多くのお母様方から共感を頂き、沐浴の時にお体を拭くのに使用したり、またハンカチや、赤ちゃんのお洋服へと作り変えている方が増え、SNS等で作品を投稿される方もいらっしゃいます。 
御子守帯は、昔ながらの晒木綿の帯です。化学染料を使用せず、優しい肌触りで、通気性・吸水性にも大変優れています。また帯を巻くことは、冷えの改善や腰痛予防にも良いと言われています。大学の服飾科で学んだ私も、約5mの御子守帯一体からどれだけのハンカチを作ることが出来るのか、試してみました。※今回は、手縫いではなく、ミシンで試してみました。            

2018年9月1日土曜日

花や木がもつ不思議な力

皆さまは「重陽の節句」をご存知ですか?
五節句のひとつであり、99日の行事で別名「菊の節句」とも呼ばれています。旧暦の99日は現在の10月中頃にあたり、菊の見頃の時期でもあります。平安時代、この行事とともに菊の花も中国から伝えられました。薬草としても知られていた菊には延命長寿のちからが宿るとされ、菊の花を愛でたり、菊の花びらをお酒に浮かべて飲んだりと長寿や厄払いを祈願する宮中行事として行われていました。
さて、花や木に不思議な力を見出す伝承は数多くあります。当社の社紋のひとつである「椿」にも邪気を祓う力があるとされていました。

2018年8月15日水曜日

江戸鎮座二百年記念御朱印 

厳しい暑さの中、夏休み中ということもあり、全国各地より小学生のお子様からご年配の方まで毎日多くの皆様が御朱印を受けられます。

御朱印とは、社寺に参拝した証としていただく印状のことです。始まりは奈良・平安の神仏習合の時代から行われた”納経”(神仏に写経を奉納すること)の受取状だったものが、江戸時代になると納経に限らず参拝のみの場合でも”参拝した証”として授与されるように変化していきました。
現在は御朱印ブームといわれるほどで、私たち巫女も参拝者の御朱印帳を通して、工夫が凝らされたカラフルなものや、イラストが描かれた御朱印等、各社寺で工夫が凝らされたきれいな御朱印を多く目にします。
御朱印巡りは一般的なスタンプラリーとは違い信仰に基づいたものですが、御朱印は御札や御守というものではなく、あくまで”参拝した証”です。神社やお寺、また神様や仏様のお名前が記された御朱印は、その時々の思い出と共に大切にしていただければと思います。
本年は、水天宮が江戸に鎮座して200年、また戌年というおめでたい年です。これを記念し、今年限定の江戸鎮座二百年記念御朱印を頒布致しております。朱印帳へ直接のご記帳ではなく、紙でのお渡しとなりますが、特に金色で書かれた「水天宮」の御社名は、神職や巫女が一枚一枚心をこめて謹書しております。

2018年8月1日水曜日

夏のご挨拶

暑中お見舞い申し上げます。
猛暑日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて81日は「八朔(はっさく)」といいます。この日、京都祇園では舞妓さんや芸妓さんが日頃お世話になっているお師匠さんやお茶屋さんに、黒紋付きの正装で挨拶回りをする日として知られています。
元々は旧暦の81日のことで、今の新暦では9月上旬の頃にあたります。“はっさく”といえば、柑橘類のミカンを思い浮かべる方も多いと思いますが、この時期から食べられたことが由来しているそうです。また、八朔は「田の実の節句」ともいわれ、早稲の穂が実り始めるのと同時に台風や病害虫の被害が多くなることから、各地で風雨順調・五穀豊穣を祈る八朔祭が行われます。「田の実」が「頼み」に通じるとして、田の神様に祈願する日になったといわれています。そして、この時期に農家ではお世話になっている方々に初穂を贈る習わしがあり、次第に武家や公家にも広まり、恩義のある方に贈り物をする風習となったそうです。
私たちが普段何気なく目にし行っていることも、いろいろと調べてみると、日本に古くから伝わる季節の行事や風習に由来があります。このようなことを学ぶことができるのも神社で奉仕する魅力の一つなのかなと感じます。
☆現在、水天宮では職員を募集しております。詳しくは水天宮ホームページをご覧ください。

2018年7月15日日曜日

一日も早い復興を

このたびの西日本豪雨により被害を受けられた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

暑さ厳しい中、被災地の方々またボランティアの皆様、全力で復旧・復興に努められている姿を報道で見聞きし、被害の甚大さを痛感しております。
当社にも、西日本出身の職員がおり、少しでも被災地の力になりたいとの想いで、先日、被災地へ支援物資を職員が届けに参りました。
また水天宮では、境内及び神札所に義捐金箱を設置し、西日本豪雨災害への義捐金を受け付けております。皆様のご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。
被災地の復旧・復興及び、皆様のご多幸とご健勝を心よりご祈念申し上げます。